メニュー 閉じる

初級コース ロボットカー(ARE-CAR-2W)セット

初級コース+ARE-CAR-2W セット

ロボットカーを作って制御しよう!!(全6回)

セット内容

        基板&電子部品一式              FT-DC-002(FEETECH社製)

〇電子部品一式
ジャンパーワイヤー×10本、ブレッドボード×1、基板用支柱×4、基板(ARE-CAR(Pico))×1、Raspberry pi pico×1 、L293Dモータードライバ×1、抵抗器(1KΩ)×1、抵抗器(2KΩ)×1、超音波距離センサー×1、バッテリースナップ×1、タクトスイッチ×1、USBケーブル

※ピンヘッダ―、ターミナルブロック、タクトスイッチ、コネクタ等の電子部品は、はんだ付けしてお届けします。

※基板にはDCモーター、赤外線ライントレースセンサー用のコネクタと、UART用のコネクタ付き
ご用意いただくもの  9V乾電池×1、ドライバー、両面テープ等(乾電池が固定出来れば何でも可)


〇2輪カー(FT-DC-002
 FT-DC-002の詳細は以下のサイトを参照ください。
 https://www.feetechrc.com/products.html?keyword=FT-DC-002

※郵送にてお届けします。

〇講習動画(全6回)
ご購入者様は、ご購入いただいた際のメールアドレスで当サイトに会員登録をお願いいたします。
会員登録は無料です。
会員登録が完了しましたら講習ページよりご視聴いただけます。

〇資料、サンプルプログラム
・資料
 ¥document
  Pico-R3-A4-Pinout.pdf、L293D.pdf、FT-DC-002.pdf、FT-DC-130D.pdf
・サンプルプログラム 
 ¥sample
  ¥class1 led.py
  ¥class2 pulldown.py、pullup.py
  ¥class3 hcsr04.py
  ¥class4 motor.py、pwm_motor.py
  ¥class5 motor_functions.py、adjust_rotation.py
  ¥class6 follow.py、avoid_objects.py

※講習ページよりダウンロードしていただけます。

〇開発環境一式
・circuitpythonファームウェア
・Thonnyインストーラ
当講習で使用するcircuitpythonライブラリ

プログラム言語や、統合開発環境などは公式サイトより、予告なくバージョンUPされます。
万一、最新のファームウェアや、統合開発環境をダウンロードした際、正しく動作しない場合は、
Abilityの講習ページより環境一式をダウンロードしてご使用ください。

〇必要なもの
・Windows10搭載のパソコン
・プラスとマイナスのドライバー
・9V乾電池×1
・粘着力弱めの両面テープ等(乾電池をロボットカーに固定するために使用)

〇注意事項
2輪カー(FT-DC-002)は他社製品のため、メーカー都合で形状や部品が変更される場合があります。
2輪カーFT-DC-002や、電子部品が入手困難になった場合、予告なしに同等品と差し替える場合があります。予めご了承ください。

講習内容

超音波距離センサーで障害物を検知して走行する2輪ロボットカーを工作し、Pythonプログラミングで制御します。
講習1は入門コースAの講習1とほぼ同じ内容で、無料公開中です。
講習2から4で、ロボットカーで使用する電子部品について知るため、ブレッドボードに配線し、プログラムを作成して実験します。
講習5で、ロボットカーを制御するための、基本的な関数の使い方、作り方について説明します。
講習6で、ロボットカーの組み立てと、追従プログラムと、障害物回避プログラムを作成します。

ご購入いただき、会員登録された方は、講習ページよりご視聴いただけます。

講習1 開発環境の構築(無料公開中)

※CircuitPython、ライブラリ、Thonnyのバージョンは公式サイトでupdateされます。
講習で説明しているバージョンよりバージョンが上がっている場合は、最新版をダウンロードしてください。

講習2 スイッチでLEDの点灯をON/OFF

講習3 超音波距離センサーで距離計測

講習4 DCモーターを制御する

講習5 ロボットカーの調整プログラム作成

講習6 組み立て・障害物回避プログラム作成

ロボットカーで使用する電子部品について、ブレッドボードを使って説明します。
ロボットカーの組み立てやプログラミングによる制御を、動画でわかりやすく解説します。
初めての方でも、動画のとおりに作るだけで、配線とプログラミングが学習でき、ロボットカーが制御できます。
講習でわからない事があれば、「Q&A」ページ、または、「お問い合わせ」ページからご質問ください。
講習2~6と、ロボットカーの電子部品一式は有料となります。
Ability Electronic Work’sショップよりご購入ください。